×

CATEGORY

HOME»  割烹着を利用する職業

割烹着を利用する職業について

割烹着は、古代から女性の衣服汚れを防ぐために用いられてきました。
現代でも、その用途は変わりません。しかし、職業によっては、割烹着を制服として扱っている業種もあるようです。
では、どんな職業で割烹着は使用されるのでしょうか?こちらで、ご紹介していきたいと思います。

割烹着を利用する職業とは・・・

《1・居酒屋・小料理店》
最近、割烹着が密かなブームとなっていることもあって、割烹着の需要も上がってきているように感じます。
その中でも、割烹着を制服として浸透させているのが、居酒屋や小料理店です。
お店によっては、従業員全員が、割烹着を着用しているところもあります。 何故、居酒屋や小料理店で割烹着が採用されているのでしょうか。
その理由には、男性が関係しているようです。
特に、ご年配の男性の中には、割烹着に懐かしさを感じたり、ほんのりとした家庭のムードを思い出させてくれると感じられたりするようです。
居酒屋や小料理店で、割烹着の女性を目にすると優しい雰囲気に包まれ、ホッとした気分になり、お酒も自然と進んでしまうというのが、割烹着を制服として採用している理由なのではないでしょうか。

《2・板前料理人・女将》
洋食や中華、寿司、和食などは、それぞれの作業着があります。しかし、板前料理人には、きちんとした制服は設けられていません。
そのため、台所仕事に最適な、エプロンの一種として割烹着を用いているのです。
女将さんは、お客様の前では基本的に着物姿です。そのため、厨房仕事の際にも着物姿でなければなりません。
割烹着は元々、着物の上から着けるためのデザインとなっていることもあり、着物を汚すことなく厨房仕事をこなすことができるのです。

《3・学校のバザーや弔辞》
割烹着は、料理をする主婦や仕事に用いるだけでなく、学校のイベントやバザーの準備などにも最適です。
出し物の制作や作業等も割烹着を着用することで、衣服を汚すことなく、作業をスムーズに進めることができます。
また、白を定番とした割烹着は、弔辞のお手伝いにも最適です。
黒の割烹着もありますので、白や黒どちらかを持っていると便利ではないでしょうか。

割烹着を利用する職業とは・・・

このように、割烹着を職業で採用しているところや、行事に合わせて着用している方が多く存在しています。
様々な場面で利用できる割烹着は、一つ持っていると大変便利ではないでしょうか。
当店でも、割烹着を販売しております。デザイン性優れた割烹着も多数ご紹介しておりますので、是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

CATEGORY

お買い物について

メールマガジン

メールマガジン

CONTENTS