×

CATEGORY

HOME»  割烹着の利点

割烹着の利点

割烹着

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で割烹着に魅力を感じた方も多いのではないでしょうか。ですが、多くの方が古臭いというイメージがあることから、割烹着を着て家事をするのに抵抗を感じているはずです。
しかし割烹着は着ものを保護するために考案された、古くから存在する日本の伝統でもあります。そんな日本の伝統が廃れてしまうのは、なんとなくもの悲しさ を感じませんか。それに割烹着は、着てみると意外と便利なものなのです。そこで、割烹着について少しでも知っていただくため、割烹着の利点について紹介します。

割烹着の利点とは

・素材次第で快適に料理・家事をこなせる
冬場の洗濯、水仕事などの家事は、寒さが身にこたえるはずです。
割烹着はエプロンと違って袖があり、またエプロンに比べて衣服の大部分を覆いますので、冬場の寒さを軽減することができます。そうなると、「夏に着るのは暑過ぎるのでは」と思いますが、今では様々な素材の割烹着が販売されていますので、素材次第で夏も快適に料理や家事をこなすことができます。

・臭いがつきにくい
油料理や魚料理をしていると、臭いが気になりませんか。
上記の防寒同様、割烹着は衣服の大部分を覆いますので、そのままの状態やエプロンをするのに比べて衣服に臭いが付くのを抑えてくれます。

・袖に油はねしない
暑い時期は、半袖やノースリーブの服を着ることが多いはずです。 そのままの姿やエプロンでは炒めものや揚げものをすれば、腕について「アチッ」となることもあるでしょう。割烹着は袖で腕を覆いますので、腕について「アチッ」となることがなくて安心です。

そんな割烹着を母の日やお子さんのいる友人などにプレゼントしてはいかがでしょうか。
最初は意外なプレゼントにビックリするかもしれませんが、使い続けていくうちに便利さを理解し、
感謝してもらえるはずです。
割烹着の購入は、可愛らしいデザインの割烹着を取り揃える当店をご利用ください。

CATEGORY

お買い物について

メールマガジン

メールマガジン

CONTENTS